TOP » 家族や会社にバレずに借金を整理する方法 » 自己破産とは » 自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット・デメリット

このページでは、自己破産のメリット・デメリットを調査しています。債務整理法の中では『最後の手段』と考えられている自己破産について、詳細を知りたい人は以下をご確認ください。

自己破産のメリット

自己破産のメリットとは?以下にまとめてみました。

借金の返済から解放される

究極の債務整理法である自己破産を選択すると、財産を処分される代わりに、返済の責任から免れることができます。

「本当は努力して返済したかったが、何らかの理由で働けない」という苦境に陥っている人にとっては、最良の債務整理法となってくれることでしょう。

債権者とのやり取りがなくなる

自己破産を選択する人の多くは「督促はあれど、収入はない」という負のスパイラルに陥っています。自己破産手続きを始めれば、いったん債権者からの連絡はストップしますので、心の落ち着きを取り戻すことができるでしょう。

自己破産のデメリット

自己破産にはデメリットもあるので、知識を深めておく必要があります。以下に見ていきましょう。

ブラックリストや官報に載る

「過去に自己破産したことがある」という情報は、信用情報機関に登録されてしまいます。いわゆる『ブラックリスト掲載』です。5~10年の間はクレジットカードを使用できなくなってしまうほか、分割払い購入もできなくなるでしょう。

また自己破産の情報は、官報にも掲載されます。

誰でも自己破産できるわけではない

自己破産の是非は裁判所によって判断されます。借金の理由や債務者の態度によっては、自己破産が認められない場合もあるので、ご注意を。

また就業に資格が必要な一部の職業においては、自己破産の選択が失職を意味することもあるので、事前に確認が必要です。

自己破産にも費用はかかる

「返せるアテのない借金のために自己破産するのに、お金もかかるなんて…」と思う人がいるかもしれませんが、実際の手続きは弁護士や裁判所を通じて行われるため、費用は発生します。

その金額は所有財産によって増減があります。もし多くの財産を持っている場合、そのほとんどを処理されてしまうほか、裁判所への予納金も高くなります。弁護士費用も含めると、最大で80万円近くの費用が必要となるのです。

自己破産により借金は帳消しになりますが、弁護士費用の分割払いなどは、引き続き残ることとなるでしょう。

その他の債務整理の
方法を見る

家族や会社にバレずに
借金を整理する方法

家族はもちろん、会社にもバレたくない。できるならこっそりと借金を返済したいけど、どうすればいいのか分からない人は必見です!