TOP » 個人再生によくある質問Q&A » 個人再生に強い弁護士の選び方とは?

個人再生に強い弁護士の選び方とは?

個人再生の手続きは複雑かつ、専門的な知識が必要です。スピーディーかつスムーズにすすめたいという人には、弁護士にお願いするのも一つの方法です。ここでは、弁護士への依頼を決心した際の、弁護士選び方についてまとめました。

1.弁護士の実績や得意分野をチェックする

弁護士への依頼や相談は、敷居が高いと感じるかもしれません。しかし、インターネット上には多くの弁護士事務所のサイトがあります。

まずは自分の地域で「個人再生に詳しい」事務所を検索してみましょう。外科手術が必要なのに内科には行かないように、弁護士にもそれぞれ得意分野があります。個人再生業務を行っているか、また実績はどのようなものかなどを、チェックしましょう。

ただし、見極めを慎重に行うことが重要。公式HPや一つの情報の情報元だけを頼りにするのではなく、あくまでも参考であることを踏まえたうえで口コミを探してみるのもおすすめです。

2.弁護士費用を事前にチェックする

弁護士報酬は各事務所が自由に設定することができるため、個人再生にかかる費用も、ある程度事務所により差があります。とはいえ、特にネットで情報収集をしていると、相場が見えてくることでしょう。

各事務所のサイトには料金が明記されていますが、報酬だけなのか、手続きに必要な費用も含むのか、追加費用がかかることがあるのかなどを事前に確認しておきましょう。安さだけで依頼すると、自分で解決のために動く必要がある手間や時間が増える可能性もあります。

そうなってしまわない為には、こちらの状況を把握したうえでの提案をはじめ、柔軟に対応してくれる事務所を選ぶべきでしょう。

3.自分にあった弁護士であること

個人再生手続きを弁護士に依頼する際に大切なのは専門性と実績、弁護士自身の人柄とさまざまな判断基準があります。もちろん、その他の部分では、依頼にかかる費用がはっきりしていることもあげられるでしょう。

しかし、もっとも大切なのは、自分の抱えている問題に向き合い、納得のいく解決策を提案してくれる弁護士であること。自分の望む解決策をプロとしてのアドバイスやサポートしてくれるかどうかを、見極めましょう。

4.弁護士の人柄を見極める

友人が弁護士であったり、信頼できる知人の紹介であったりという場合は別として、依頼する弁護士が信頼に足る人物であるかを見定めるのは最終的には自分しかいません。

何のために弁護士に依頼するのかをはっきりさせておきましょう。素早く処理してくれる能力、依頼人にきちんと寄り添ってくれるかどうかや、深く関わることなく丸投げしたいなど、自分の望む解決策のために、選ぶ判断軸を決めて弁護士選びをしましょう。

また、法テラス(日本司法支援センター)で相談し、弁護士を紹介してもらう方法もあります。ただし自分で弁護士を選べず、気に入らなければまた最初から相談をしなければいけません。

同じ問題への相談は3回まで可能ですが、利用には審査が必要などデメリットもあります。

5.無料相談窓口を利用する

自己破産や任意整理をはじめ、債務を問題とする業務を専門にする弁護士事務所の場合、初回の相談を無料の事務所が多くあります。

もし、不安が多くあるようであれば無料相談することをおすすめします。もちろん、債務問題の解決が一番ですが、話すことで自分の置かれている状況を整理できます。さらに、弁護士からアドバイスを聞くことで精神的な負担が軽くなることもあるようです。また、無料相談では弁護士の人柄を確認できることも魅力のひとつ。弁護士への無料相談は、依頼を決める一つの判断材料とはなるでしょう。

家族や会社にバレずに
借金を整理する方法

家族はもちろん、会社にもバレたくない。できるならこっそりと借金を返済したいけど、どうすればいいのか分からない人は必見です!