TOP » 個人再生によくある質問Q&A » 個人再生を完済した後の生活は?

公開日: |更新日:

個人再生を完済した後の生活は?

個人再生は、債務整理の方法によっては自己破産のように財産を処分する必要はありません。しかし、事故情報が信用情報機関のブラックリストに一定期間登録されるため、カードやローンが利用できません。ここでは、個人再生を完済した後の生活について解説しています。

個人再生の完済後に起こる変化

裁判所に個人再生が認められると、申立人の日常生活は基本的には変わりませんが、3年程度で減額された借金を完済する必要があります。ここでは、個人再生の完済後に起こる変化について考えていきます。

完済の手続きはない(完済通知が届くとは限らない)

個人再生の申立て人が債権者の借金を完済しても、債権者から完済通知が届くとは限りません。債権者によっては借入時の契約書を返送することがありますが、決まった完済の手続きはありません。個人再生の申立て人が借金の完済を証明する文書として、再生計画案認可決定の確定証明書と振込み記録を保管します。

減額されていない債務の支払いは続く

個人再生で減額されない債務が存在する場合は、その支払いは続きます。個人再生で完済後も免除にならない債務には、「不法行為に基づく損害賠償請求」「損害賠償金に含まれる慰謝料」「夫婦や扶養家族の生活費や養育費などの請求権」があります。このような債務は個人再生で支払額の減額は可能ですが、免除されることはありません。また、滞納した税金や社会保険料や罰金などは、個人再生でも減額とならないので公共機関に支払うことが必要です。

すぐにローンやカードは契約できない

個人再生の借金を完済してもすぐにローンやクレジットカードの契約はできません。個人再生計画通りの完済ができても、その旨が信用情報機関に伝わることはなく、一定期間はブラックリスト登録の状態が続きます。個人再生による借金の完済と経済的信用回復は別と考えるべきです。

住宅ローンの返済額が増える可能性がある

個人再生で住宅ローン特則を利用した場合は、再生計画通りの借金の完済が出来た後に住宅ローンの毎月の返済額が増えることがあります。

住宅ローン特則の「元本猶予型」や「同意型」を利用した場合には、個人再生の借金返済期間は住宅ローンの毎月の返済額が猶予や減額されます。しかし、個人再生の借金完済後には住宅ローンの毎月の返済額が増えます。

個人再生の事故情報はいつ回復される?

個人再生の借金を返済できても、信用情報機関のブラックリストに登録された事故情報はすぐには消えません。ここでは、ブラックリストの事故情報が抹消されカードやローンの利用ができる時期について考えます。

再生計画案の認可決定から5~10年後

個人再生の事故情報は、裁判所の再生計画案の認可から5~10年間は信用情報機関のブラックリストに登録されます。

信用情報機関は「JICC」「CIC」「KSC」の3種類あり事故情報の登録機関は異なります。個人再生の事故情報の登録機関は、「JICC」は5年「CIC」は5年「KSC」は10年です。多くの個人再生の場合は、10年後からカードやローンの利用が可能になります。

個人再生で借り入れていた業者は利用できない

信用情報機関のブラックリストから登録が抹消されても、個人再生の債権者である金融機関や貸金業者からの借入はできません。金融機関は社内ブラックとして、顧客の金融事故を登録しているからです。信用情報機関のブラックリスト登録が抹消されても、金融事故の債権者である金融機関や貸金業者との取引はできないと考えましょう。

個人再生の完済後にローンを申し込むときの注意点

個人再生の借金完済後にローンを申し込むには注意が必要です。クレジットカード作成やローンを組むときの審査が厳しくなることがあるからです。ここでは、個人再生の借金完済後にローンを申し込むときの注意点について考えていきます。

個人再生後はスーパーホワイトという状態になる

信用情報機関のブラックリスト登録から解除されると、事故情報は登録されていませんが取引情報が真っ白の状態となります。取引情報が真っ白というスーパーホワイトという状態は、信用が低く返済能力に疑問があるため、ローンの審査に通ることが難しいことを意味します。高額のローンを組むことが難しいため、少額の信用情報を積み重ねるクレジットヒストリ―を積み重ねることが必要です。

事前に信用情報を確認する方法

信用情報機関のブラックリスト登録期間が過ぎても、金融事故の情報が消えていないことがあります。この状態のままクレジットカード作成やローンの審査を受けても、審査に通ることはりません。ローンやクレジットの審査に落ちると、その情報も信用情報機関に登録されるため、次回以降の金融機関の審査がより厳しくなります。クレジットカード作成やローンの審査を受ける前に信用情報機関に開示請求を行うことで個人の事故情報を確認できます。

申請の間は空けて、1社ずつ申し込む

クレジットカード作成やローンの審査に落ちたときは、6カ月以上空けることが必要です。6カ月間は、金融機関の審査に落ちた事故情報が登録されるからです。

クレジットカード作成や論の審査は、6カ月間空けて1社ずつ申し込みをすることが大切です。

関連ページ

個人再生に強い名古屋の弁護士事務所サイト

個人再生によくある質問Q&A
個人再生で奨学金を返済・減額できる?
ブラックリストとは?
個人再生後に自己破産手続きへの移行は可能?
家族や会社にバレずに
借金を整理する方法

家族はもちろん、会社にもバレたくない。できるならこっそりと借金を返済したいけど、どうすればいいのか分からない人は必見です!