TOP » 個人再生によくある質問Q&A

公開日:|更新日:

個人再生によくある質問Q&A

このカテゴリでは、個人再生についてよくある質問とその回答をまとめています。

「ローン支払いや借金の返済で、首が回らなくなってしまった…。個人再生で立ち直りたいが、色々わからないことが多い…」、と悩んでいる人はぜひ以下のページ内容をチェックして下さい。

個人再生についてよくある質問とその回答

ブラックリストとは?

店舗などでカードを提示したところ「使用できません」という答えが返ってきた、また大きな買い物の際「ローンを組みたい」と申し出たところ「あなたは組めません」という返答なら、あなたはブラックリストに載ってしまっている可能性があります。
ブラックリストは誰が作成しているのでしょうか?そして個人再生の過去もバレてしまうのでしょうか?

ブラックリストについて
もっと詳しく見る

住宅ローンに関する特則の対象にならないローンの条件は?

すべてのめぼしい財産を処理されてしまう『自己破産』とは異なり、個人再生には「住宅だけは取り上げられず、引き続きローン完済を目指すことができる」というメリットがあります。『住宅ローンに関する特則』に基づいた再生計画が認められるのです。
しかし、いくつかの条件は満たしておく必要があります。

住宅ローン特則対象にならない
条件について
もっと詳しく見る

個人再生後に自己破産手続きへの移行は可能?

せっかく個人再生の申し立てが認められても、その後3年の間で再生計画を充分に履行できない場合があります。その際に自己破産手続きに移行することは、果たして可能なのでしょうか?
また個人再生計画の中で支払ってきた返済金などは、どのように処理されるのでしょうか?

個人再生後に
自己破産手続きへの移行について
もっと詳しく見る

巻き戻し条項とは何ですか?

個人再生へ至る原因の中で「住宅ローンの支払いが重荷となり、経済状況が悪化した」という人は多くなっています。個人再生における『巻き戻し条項』は、主に住宅ローンの返済に関する内容となっていますので、該当する人は知識を深めておく必要があります。

巻き戻し条項について
もっと詳しく見る

同意不要型個人再生を利用できなかった場合は?

こちらも、住宅ローン返済に関する内容となっています。債権者からの同意を得られなければ、個人再生計画を進めること自体が困難となります。しかし彼らから異議を唱えられることなく、スムーズに返済へ移行できるのが『同意不要型個人再生』です。その詳細と、利用できない場合について調査しています。

同意不要型個人再生が
利用できなかった場合について
もっと詳しく見る

司法書士と弁護士で対応できる業務に違いはあるの?

個人再生は多重債務者が裁判所に申し立て、債務を減額してもらい、残債務を計画的に返済していくことを認めてもらう手続きです。

きちんとした再生計画案の作成には専門家の力が欠かせませんが、依頼の際に弁護士と司法書士のどちらが良いか悩むかもしれません。

そもそも弁護士は裁判手続き全ての代理人となれますが、一方司法書士は登記の専門家とされており、個人再生に関しては必要な手続きの中でできる業務とできない業務があり、できない部分は債務者が行うことになります。

手続きの流れと双方の業務の違いを把握しておきましょう。

司法書士と弁護士で
対応できる業務に違いについて
もっと詳しく見る

個人再生に強い弁護士の選び方とは?

個人再生の手続きを依頼する際、何を基準として弁護士を選べば良いのでしょうか。大切なことは、まず個人再生を得意分野としていること、そして実績をきちんと積んでいることです。

また、手続きを任せることにつき信頼できるか、親身に相談に乗ってくれ、より良い問題解決を図ってくれるかなど、弁護士自身の人柄も重要なポイントとなります。

紹介にせよ自分でネットなどで探すにせよ、まずは初回相談を無料で行っている事務所を選び、直接相談に乗ってもらい、費用なども確認してから依頼するようにしましょう。

ただし費用の安さのみに目を向けるのではなく、何かあった時の対応力にも目を向けましょう。

個人再生に強い弁護士の
選び方について
もっと詳しく見る

個人再生で奨学金を返済・減額できる?

奨学金の返済に困ったら、まずは日本学生支援機構の救済制度を確認しましょう。この救済制度でも将来的な返済の見通しが立たないならば、債務整理を行うことも視野に入れます。個人再生を活用するならば、債務者の借金は圧縮されますが、保証人などに返済義務が発生します。奨学金の返済に困ったならば、司法書士や弁護士に早めに相談し、適切な方法を探ることが大切です。

奨学金返済の
救済方法について
もっと詳しく見る

個人再生によって退職金は没収される?

個人再生をすると、退職金の一部が債権者への弁済に充てられます。この退職金の弁済は、退職金を受け取る時期によって異なります。ここでは、退職金をできるだけ多く残すために方法を理解するために個人再生と退職金について考えていきます。

個人再生によって
退職金は没収されるか?
もっと詳しく見る

2回目の個人再生はできる?

過去に個人再生をしても2回目の個人再生は基本的に可能です。しかし、給与所得者等再生を過去に行った場合は、7年以上の期間を空けることが必要です。ここでは、2回目の個人再生について、その要件と注意点について考えていきます。

2回目の個人再生はできるのか?
もっと詳しく見る

個人再生してからクレジットカードは使用できる?

個人再生をすると、クレジットカードの使用やローンを組むことができなくなります。信用情報機関のブラックリストに登録されるからです。登録機関はカード会社ごとに異なります。ここでは、個人再生後のクレジットカードの使用と代替方法について考えていきます。

個人再生してからクレジットカードは使用できるのか?
もっと詳しく見る

個人再生における受任通知とは?

弁護士に個人再生手続きを依頼すると、債権者に受任通知を送付します。受任通知を受け取ると債権者は債務者への取立てを停止しますが、債務者は金融事故を起こしたとして信用情報機関のブラックリストに登録されます。ここでは、個人再生の受任通知の効果について考えていきます。

個人再生における受任通知とは?
もっと詳しく見る

会社や家族にバレずに個人再生はできるか?

個人再生は任意整理よりも借金を大幅に縮減できます。しかし、個人再生は裁判所に申し立てる必要があり、債権者を選択した債務整理はできません。そのため、会社や家族に個人再生をしたことがバレる可能性があります。ここでは、会社や家族にバレずに個人再生ができるかについて考えていきます。

個人再生がバレないためのポイントとは?
もっと詳しく見る

個人再生が失敗することはあるの?

借金を大幅に圧縮できる個人再生は、90%以上は裁判所から認められますが、数%は失敗します。個人再生が成功しない原因は、個人再生計画案に無理があることや書類に不備があることなどが考えられます。ここでは、個人再生の失敗とその対応方法について考えていきます。

個人再生に失敗する理由と対策は?
もっと詳しく見る

個人再生の履行テストとは?

個人再生は大幅な借金を圧縮でき残額を返還する制度です。再生計画案が可能かどうかを確認するために、指定口座に入金する履行テストがあります。ここでは、個人再生の履行テストについて考えていきます。

個人再生の履行テストとは?
もっと詳しく見る

個人再生の申立てとは?

個人再生は裁判所への申立てが必要です。裁判所への申立てには必要書類を提出し、個人再生の要件をみたしているかを裁判所が評価します。ここで、個人再生の申立てと必要書類について考えていきます。

個人再生の申立てとは?
もっと詳しく見る

個人再生を完済した後の生活は?

個人再生計画の借金を3年程度で返済しても、金融機関や貸金業者の審査には通りません。信用情報機関のブラックリストには5~10年間登録され、個人再生の借金を完済しても経済的な信用は回復していないからです。ここでは、個人再生の借金完済後の生活について考えていきます。

個人再生を完済した後の生活は?
もっと詳しく見る

家族や会社にバレずに
借金を整理する方法

家族はもちろん、会社にもバレたくない。できるならこっそりと借金を返済したいけど、どうすればいいのか分からない人は必見です!