TOP » 個人再生によくある質問Q&A

個人再生によくある質問Q&A

このカテゴリでは、個人再生についてよくある質問とその回答をまとめています。

「ローン支払いや借金の返済で、首が回らなくなってしまった…。個人再生で立ち直りたいが、色々わからないことが多い…」、と悩んでいる人はぜひ以下のページ内容をチェックして下さい。

個人再生についてよくある質問とその回答

ブラックリストとは?

店舗などでカードを提示したところ「使用できません」という答えが返ってきた、また大きな買い物の際「ローンを組みたい」と申し出たところ「あなたは組めません」という返答なら、あなたはブラックリストに載ってしまっている可能性があります。
ブラックリストは誰が作成しているのでしょうか?そして個人再生の過去もバレてしまうのでしょうか?

ブラックリストについて
もっと詳しく見る

住宅ローンに関する特則の対象にならないローンの条件は?

すべてのめぼしい財産を処理されてしまう『自己破産』とは異なり、個人再生には「住宅だけは取り上げられず、引き続きローン完済を目指すことができる」というメリットがあります。『住宅ローンに関する特則』に基づいた再生計画が認められるのです。
しかし、いくつかの条件は満たしておく必要があります。

住宅ローン特則対象にならない
条件について
もっと詳しく見る

個人再生後に自己破産手続きへの移行は可能?

せっかく個人再生の申し立てが認められても、その後3年の間で再生計画を充分に履行できない場合があります。その際に自己破産手続きに移行することは、果たして可能なのでしょうか?
また個人再生計画の中で支払ってきた返済金などは、どのように処理されるのでしょうか?

個人再生後に
自己破産手続きへの移行について
もっと詳しく見る

巻き戻し条項とは何ですか?

個人再生へ至る原因の中で「住宅ローンの支払いが重荷となり、経済状況が悪化した」という人は多くなっています。個人再生における『巻き戻し条項』は、主に住宅ローンの返済に関する内容となっていますので、該当する人は知識を深めておく必要があります。

巻き戻し条項について
もっと詳しく見る

同意不要型個人再生を利用できなかった場合は?

こちらも、住宅ローン返済に関する内容となっています。債権者からの同意を得られなければ、個人再生計画を進めること自体が困難となります。しかし彼らから異議を唱えられることなく、スムーズに返済へ移行できるのが『同意不要型個人再生』です。その詳細と、利用できない場合について調査しています。

同意不要型個人再生が
利用できなかった場合について
もっと詳しく見る

家族や会社にバレずに
借金を整理する方法

家族はもちろん、会社にもバレたくない。できるならこっそりと借金を返済したいけど、どうすればいいのか分からない人は必見です!